眼精疲労を改善したい場合、ツボを刺激するというのも1つの方法です。 私たちの体には、目の疲れを和らげるツボが存在します。 それらのツボを刺激することによって、やっかいな眼精疲労を解消できるかもしれません。 眼精疲労に効果があるツボは、以下の通りです。 ・睛明(せいめい) ・承泣(しょうきゅう) ・瞳子りょう(どうしりょう) ・太陽(たいよう) ・肩井(けんせい) 睛明は目頭と鼻の付け根の間にありますから、ここをグッと押すように刺激しましょう。 また、瞳の中心の下にある承泣を指の腹を使って刺激すると、目の疲れが緩和されます。 この承泣から指1本分ほど外側の瞳子りょうは、優しく刺激するようにしてください。 太陽は目と眉の間にあるツボで、徐々に力を入れるようにして押します。 このツボは、少し痛みを感じるまで押すというのがポイントです。 肩井は肩の筋肉の中心にあって、やや強めに刺激すると効果があります。 毎日時間がある時にでも、これらのツボを刺激するようにしてください。 ただ、あまりにも強く刺激しないように注意しましょう。